4K放送のためのアンテナ工事を忘れずに

テレビの普及・買換え促進はオリンピックが一つの契機です

4Kとはどのようなものでしょうか?

4Kの「K」とは1,000の単位である「キロ」を表します。キロメートルの「キロ」・キログラムの「キロ」です。
4Kの解像度は水平3,840画素×垂直2,160画素、総画素数は約829万画素で、従来のフルハイビジョン(2K)の水平1,920画素×垂直1,080画素、総画素数は約207万画素に比べ、4倍の画素数を持ちます。
4Kと呼ぶのは水平の画素数が約4,000であることによります。
ちなみに8Kは水平や7,680画素×垂直4,320画素、総画素数は約3318万画素です。
当然2K・4K・8Kとなるにつれて、映像美は向上します。それはディスプレーが大きくなればその違いは明らかになります。
量販店では2Kが32インチ・4Kが65インチ・8Kが85インチの画面のテレビが、各メーカー主力商品として売り出されています。

4Kテレビのメリットとは?

繰り返しにもなりますが、従来のフルハイビジョンに比べての4Kテレビのメリットは、その画像の美しさでしょう。画素数もフルハイビジョンの4倍であることも、言い換えれば4倍の美しさで映像を視聴することができます。
子どもの視力が落ちる・眼が疲れるということに文字通り眼をつぶれば、同じインチのテレビで見る場合、4Kの場合2Kよりもテレビから視聴者までの距離もより短い状態で視聴することができます。
2Kの場合少なくとも画面の高さの3倍、32インチなら120cm以上離れての視聴が必要と言われていますが、4Kの場合は1.5倍、65インチでも同じく120cm以上離れていればの視聴には充分です。
単純に考えて32インチの2Kテレビを置いてある部屋ならば、65インチの4Kテレビを設置することができることになります。