動画アップのルールは知らなかったでは済まされない

著作権法違反になる動画はどんな動画か

動画投稿サイトなどでは放送されているテレビの映像やアニメ、漫画の映像、音楽ライブの映像をまとめてあるものが多く投稿されていますが、これらのいわゆるまとめ動画は元々の映像の制作者から許可を得ていない限りは著作権法違反になってしまいますので、動画をアップする際にはこの点に注意をしておきましょう。

また、アップした動画内に歌詞を掲載することも著作権の違反になります。市販されている楽曲を動画内で使用することはもちろん違法なのですが、楽曲の歌詞も著作権で保護されています。なので歌詞についても動画をアップする際には法律上のルールとして禁止されています。著作権法違反として通報される場合も大いにあり得ますので、歌詞を掲載することはしないようにしましょう。

動画に挿入する音楽の著作権にも注意する

動画を制作する場合、映像内に音楽を挿入することは多いと思うのですが、動画内に挿入する音楽に関しても著作権の面で気を付けなければならないポイントとなってきます。市販されているものはもちろんのこと、一部だけを引用するだけでも著作権法違反となってしまいますので、基本的にアーティストの歌う楽曲は動画のアップの際には動画内に挿入しないようにしましょう。

もし動画内に音楽を挿入したい場合には、著作権の使用料が無料で、版権がフリーな音楽がありますので、そちらを使用することをお勧めします。インターネット内にはかなりの種類の版権フリーの音楽のあるサイトがありますので、こちらを使用すれば著作権法違反にはなりません。音楽に関しては著作権に関して非常に厳しい面がありますので、この点は動画をアップする際には注意をしましょう。